MESSAGE


「幼い頃に、特別な日に家族で行ったレストラン」
「初めてのデートでドキドキしながら入った喫茶店」
「一人暮らしで毎日通った定食屋さん」
「初任給で両親を招待して行った焼肉屋さん」

自分の人生を振り返ってみると、節目節目に、「外食」をしてきました。
外食には、その時々の特別な思い出がある気がします。

美味しいものを食べると、幸せな気持ちになる。
多くの人が経験されたことがあるのではないでしょうか?

そんな人生の身近にある、外食業界に携わって、20年。
外食の仕事はお客様の笑顔、スタッフの笑顔をすぐに感じることができるとてもやりがいのある仕事です。

「もっとたくさんの笑顔を見たい」そんな想いで、中野に1号店の”ゴーバル”を出したのが、バルカンパニーのはじまりです。
それから、高田馬場、飯田橋と出店をしてきました。



わたしたちバルカンパニーは、食を通して、多くの人の幸せを つくりだすという理念のもとに、「バル」を通じて、お客様、働くスタッフ、 取引先様など関わる全ての方に喜んでいただくことを目指して、

「美味しくコストパフォーマンスのいい料理」
「居心地のいい場所」
「心のこもったおもてなし」
「安心して食事のできる環境」
を提供できるお店と人をつくっていきたいと考えています。

お客様、働くスタッフの笑顔が溢れる、地域になくてはならないバル(場所) をつくる企業であること。

そのための努力を続けていきたいと思います。